アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

『仮面ライダークウガ』グロンギ数字について解説

よくグロンギ族が言っている「バギング・バギング・・・」。これは数を表しています。
グロンギの数学では、世界で一般的な10進法とは違い9進数です。
そのため、彼らの数字を理解するには、
9進数から10進数に換算し直すとわかりやすいでしょう。
なお、赤い文字はグロンギ語青い文字は対訳 をあらわしています。

[グロンギ数字]
グロンギの数学では、9進法が採用されています。 つまり、9になるとケタが1つあがっていきます。
使われる数字も9種類。”0”にあたる数字は劇中で確認されていません。
確実なことは言えませんが、彼らの数の使い方から考えても、”0”を使う必要はないので、 「グロンギに”0”の概念は無い」と言えるでしょう。
他の文明の多くでも”0”は、その他の数字よりも後に作られています。

パパン

ドググ

グシギ

ズゴゴ

ズガギ

ギブグ

ゲヅン

ゲギド

バギン
[グロンギ数字の数え方]
グロンギの数え方の基本は、掛け算と足し算を組み合わせて考えます。
彼らグロンギの言う「バギング」とは「9が」という意味。 9がいくつあるかが基本になっており、 つまり「バギング」が増えるたびに、ケタがひとつ上がっていくことになります。
ちなみに「~グ」がつく数字は、ケタがあがる「バギン(9)」だけで他の数字にはつきせん。
バギング・グシギ  = 27(9×3) バギング・バギン  = 81(9×9)
バギング・バギング・ゲヅン  = 567(9×9×7)
「バギング」のほかに、数字と一緒に使われる「ド」という言葉。 訳すると、「~と」という意味になります。 これで「バギング」だけでは、表現しきれない数字をあらわすことができます。
たまに「ド」が省略されることもあるみたいですが、 数え間違える可能性があるため、多用はされてないようです。
バギング・グシギド・ゲギド  = 35(9×3+8)
バギング・ズゴゴド・ズゴゴ  = 40(9×4+4)
バギング・バギング・パパンド・バギング・ドググ  = 99(9×9×1+9×2)
バギング・バギング・ドググド・バギング・ドググ  = 180(9×9×2+9×2)
バギング・バギング・ゲギドド・バギング・グシギド・ゲヅン  = 682(9×9×7+9×3+7)
下を見てもらえばわかると思いますが、 「バギング」の数がそのケタ数を、「○○○ド」(○○○は1~8のグロンギ数字)がケタの区切りとなります。 それぞれ分解してみると、・・・「バギング・バギングの位」がいくつ、「バギングの位」がいくつ、 「パパンの位」がいくつ、あるのかであらわしていることがわかります。 つまり、「バギング」の数が多ければ多いほど、ケタが上がっていきます。
もし、そのケタに何もなければ、グロンギ数字には”0”がないので省略という形をとります。
・・・・・  バギング・バギング・○○○ド・ バギング・○○○ド・ ○○○
 
  バギング・バギング(八十一)の位 バギング(九)の位 パパン(一)の位

バギング・バギング・バギング・バギング・
バギング・バギング・○○○
バギング・バギング・バギング・バギング・
バギング・バギング(五十三万千四百四十一)の位
バギング・バギング・バギング・バギング・
バギング・○○○
バギング・バギング・バギング・バギング・
バギング(五万九千四十九)の位
バギング・バギング・バギング・バギング・
○○○
バギング・バギング・バギング・バギング
(六千五百六十一)の位
バギング・バギング・バギング・○○○ バギング・バギング・バギング(七百二十九)の位
バギング・バギング・○○○ バギング・バギング(八十一)の位
バギング・○○○ バギング(九)の位
○○○ パパン(一)の位
「バギング・バギン(9×9)」と「バギング・バギング・パパン(9×9×1)」は同じ意味です。
「1000」を「千」や「一千」と言うのと同じことでしょう。 用法としては、前者が普通に数えるときに使い(例えば「1000」の扱い)、 後者がケタ数をわかりやすくするときに使われる(例えば「1000 と いくつ」の扱い)と思われます。
バギング・バギン(9×9)  =  バギング・バギング・パパン(9×9×1)  = 81

なお、グロンギ数字を50音対訳に当てはめて変換してみると、 以下のように英語の数字によく似た言葉になります。
パパン
わーん
ドググ
とうー
グシギ
すりい
ズゴゴ
ふおー
ズガギ
ふあい
ギブグ
しくす
ゲヅン
せぶん
ゲギド
えいと
バギン
ないん