アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

フェイロンの経歴、技、登場作品などを紹介

f:id:BNB:20190408234702j:plain

Name : フェイロン
Birthday : 1969年4月23日
Height : 172cm
Weight : 60kg
3 size : B108 W76 H80
Blood type : O型
Like : カンフー 自己主張
Dislike : 無気力 無関心 無感動
Nationality : 香港
Fight style : 飛天流カンフー
Specialty :  - 
Family :  - 
- Brief Personal History -
港で生まれ育ったフェイロンは、 その香港で成功を収めたアクションスターである。 そんなフェイロンも、幼い頃はアクションスターに憧れる少年で、 6歳の頃には、近所にあったカンフー道場に通い始めていた。 小柄で体型には恵まれなかったものの、当時からフェイロンの格闘センスは天才というべきものだった。 そのスピードを生かして相手の技を潜り抜け、 すかさず懐に飛び込んで連続攻撃をきめるという戦法で、体の大きな相手も物ともしなかったのである。 そして、成長とともに、そのカンフーをベースとした独自の格闘スタイルを築いていくことになる。
8歳になったフェイロンは、 憧れだったアクションスターへの道を歩むべく、 映画界にスタントマンとして入っている。 コネも無いフェイロンはにとって、それは必然で一番簡単な方法だったのである。 当初は、新人として当然の仕事の雑用や脇役などもこなしていたが、 フェイロンにはその頃から他の新人とは違う光るものがあったという。 しかし、そんなフェイロンは妥協を許さないまっすぐな性格も災いして、 周囲の反感を買ったり、妬みの対象になる事もあった。 演技に対して意見をすれば一蹴され、殺陣のアイディアを出しても簡単に否定される・・・。 まだ新人であるフェイロンにとっては、我慢して引き下がるしか方法がなかったのである。 着実に脇役をこなし、少しずつではあるがファンを獲得していったが、主役を獲得出来ない状態は続いていた。 そんな苦しみの中、夢を諦めずに日々精進するフェイロン。映画のほかにも、 己のアクションに磨きをかけるため、街に出てはストリートファイトを繰り返していた。 そして、これが原因となって、当時格闘家を集めていた犯罪組織シャドルーに目をつけられる事になる。 麻薬取引に関与しているという噂を流され、シャドルーへの引き入れを促されるが、 フェイロンはこれに真っ向から戦いを挑んでいった。 同じくシャドルーと戦う多くのストリートファイターたちの力もあって、 シャドルーの秘密基地を破壊、シャドルー首領のベガを倒すことで、 この戦いには一応の終止符が打たれ、フェイロンも普段の生活に戻っていった。
れから数年経ち、フェイロンにひとつの大きな転機が訪れることになる。 それはフェイロンの才能を認め、その言い分を聞いてくれる人物の出会いだった。 当時、助監督をしていた彼は、 フェイロンにひとつのシーンを任せることにしたのである。 五人を相手に立ち回り、最後に倒されるというシーン・・・・・ 本来は複数のカットを撮影する手はずになっていたが、 それをクレーンを使ってカット無しの一本撮り。 ほんの30秒の1シーンだったが、フェイロンは役を完璧にこなした。 そして、しばしの沈黙が続いた・・・ 助監督をはじめ、それを見た撮影スタッフ達は、思わず その流れる様なアクションに見入ってしまったのである。 そして、この映画はアクションシーンが話題となって大ヒット作となる。 これ以降、多数の出演オファーがフェイロンの元にくることになるが、 次の出演作は、チャンスをくれた助監督と仕事をする事に決めていた。 そして、その映画で遂に主演を果たし、少年の頃から夢見ていたスターの座へ昇りつめたのである。
才アクションスターとして人々に知られるようになったフェイロンは、 「己が本当に欲するものは何か・・・」、「この力は世界に通用するのか・・・」と、自問自答する様になっていた。 憧れだった映画スターになり、 最大限に自己表現できる映画で活躍できることに不満があるわけではない。 しかし、釈然としない想いがあったのも事実だったのである。 そんな折にフェイロンは、1週間前にたまたま噂を聞いた非合法の格闘大会『世界格闘選手権』の招待状を受け取ったのだ。 フェイロンは、自らの格闘技の技と、更なる演技力の向上の為に、大会の参加を決意する。 映画がクラックアップした夜、 打ち上げパーティを断って、タイガーバームガーデンで行われるという試合に出場、 香港での大会を制して、次のアジア大会への出場を決めたのだった。 元々、大会の全貌を知らなかったフェイロンは勝ち進むにつれて、 かつて倒したはずのベガが大会の主催者だという事実を知っていくことになる。 結果的に、同じく大会に参加していたストリートファイター達とともに、 シャドルーの壊滅に力を貸すことになり、同時に映画と格闘技への情熱を再確認したのである。
ャドルーとの戦いを元に制作された映画『街頭覇王』は、 世界各国で大ヒットし、フェイロンは世界から注目される存在となり、映画スターとしての地位を揺ぎ無いものにしていった。 フェイロンの格闘技への情熱も、別の形で成功の道を歩んでいく。 自ら築き上げた格闘技を飛天流カンフーと称して道場を開き、 多くの弟子を抱えるようになる。 フェイロンが世界的有名人ということもあったが、格闘家として尊敬して入門してくるものも多く、 その規模は大きくなっていき、創設から二十年経つ頃には世界各国に道場を持ち、三百万人に達するほどの門下生を抱えるほどになっていた。 しかし、フェイロンは常に自分を高めることを決して止めないという。 

- Personality -
自信家で、妥協を許さない性格。 常に目標に向かって突き進む姿は、一途とも言えるが、融通が利かないとも受け取れる。 その頑固さゆえに、他人と衝突することも少なくない。 正義感が強く熱血的な上、涙もろい一面もある。 
- Persons Concerned -
ベガ  犯罪組織シャドルーの総帥。 非合法の世界格闘選手権の主催者でもあり、 フェイロンは招待状を受け取り、この大会に参加している。 また、ベガは一流の格闘家であるフェイロンをなんとかシャドルーに引き入れようと画策していた。
 フェリシア ミュージカルスターとして活躍しているキャットウーマン。 映画デビューをしたかったフェリシアは、ケンの紹介でフェイロンを訪ね、 「Cat Dragon(邦題:ドラゴンvs猫又」)」というアクション映画に主演することになった。
- Special Blow -
  • 烈火拳
  • 熾炎脚
  • 烈空脚
  • 烈火真拳
  • 熾炎連脚
  • 龍八砕
- Games -
  • スーパーストリートファイターII
  • スーパーストリートファイターIIX
  • ハイパーストリートファイターII
  • ストリートファイターZERO3
  • ストリートファイターZERO3↑
  • ストリートファイターZERO3↑↑
  • ストリートファイターII MOVIE
  • SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ
  • SNK VS. CAPCOM カードファイターズ2
  • 対戦ネット