アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

キャミィの経歴、技、登場作品などを紹介

f:id:BNB:20190408234854j:plain

Name : キャミィ・ホワイト
Birthday : 1974年1月6日
Height : 164cm (ストII)
163cm (ZERO3)
Weight : 46kg
3 size : B86 W57 H88 (ストII)
B83 W59 H86 (ZERO3)
Blood type : B型
Like : ネコ
シャドルー所属時:戦闘データ収集
Dislike : 不機嫌な時、目につくもの全て
シャドルー所属時:同情の目
Nationality : イギリス
Fight style : 暗殺術
Specialty :  - 
Family :  - 
- Brief Personal History -
 国情報部(MI6)・特殊部隊デルタレッドに所属するキャミィは、 極秘で任務を遂行する特殊工作員である。 キャミィがデルタレッドに来る以前の記憶は完全に失われている。 ある嵐の日に、古城の跡地にある英国情報部・特殊工作部隊養成基地近くで発生した 土砂崩れにより発電機能が一部停止してしまう。その復旧のため、現場に駆けつけた隊員が 土砂崩れに巻き込まれた少女を発見する。 基地に保護された少女は、それまでの一切の記憶を失っており、 全治2ヶ月のケガを負っていた。軍から少女の監視を任された ウルフマン大佐は、少女の所持品であった ペンダントに記されている「CAMM740106」という 文字から少女を「CAMMY(キャミィ)」と名づける。 重傷だったにもかかわらず、キャミィのケガは1週間ほどで完治し、 担当医も驚く回復力を見せた。ある日、基地を訪れた総司令W・ワトソンが、 面会したキャミィに人間離れしたスピードで襲われるという事態が起きる。 間一髪のところでウルフマン大佐がそれを阻止して事なきを得る。 後の調査でキャミィは、強力なマインドコントロールが施されていたことが判明、 事故による記憶障害のために、今後は勝手に人を襲うことは無いと診断された。 しかし、それら特殊な身体能力に注目した軍の最高幹部は、 キャミィを兵器として興味を示す。 その事を危惧したワトソン総司令は、ウルフマン大佐にキャミィの一切を任せる事にした。 そして、ウルフマン大佐はキャミィを特殊部隊の訓練を受けさせる。 訓練では優秀な成績を修め、そのほぼすべてを評価SAでクリアしたキャミィは、 晴れてウルフマン大佐率いるデルタレッドの正規隊員となったのである。
 ルタレッドとしてのキャミィの初仕事は、 「シャドルーの実質的指導者の身柄の拘束」である。 当時、英国にとって弱小犯罪組織(結局は誤情報だった)としての情報くらいしか持っておらず、 情報部とは言えども、シャドルーの実態は全く掴んでいなかったのが現実だった。 キャミィは任務の中で戦いを繰り替えすうちに、 自分の失われた記憶が呼び起こさせるような感覚を感じるようになる。 その精神の不安定さのためなのか、一時は洗脳によって シャドルーの暗殺者に仕立て上げられてしまうが、 自我を取り戻してデルタレッドの任務に復帰する。 そして、様々なファイターとの戦いの末、遂にはシャドルー総帥・ベガと対峙することになる。 そこでベガから英国に送り込まれたシャドルーのスパイ である事を告げられ、キャミィは愕然としてしまう。自分の立場に戸惑うキャミィだったが、 デルタレッドのメンバーにより温かく迎え入れられて、戻るべき場所へ帰っていくのだった。
 ャドルー時代のキャミィは、完全なマインドコントロールの 支配下におかれていた。3年以上前の記憶が無くしていたキャミィは、 強化兵士としての肉体の強化と、 偽りの記憶を施され、戦闘データの収集という任務が与えられていた。 「キラービー」のコードネームを持ち、シャドルーの精鋭部隊である ベガ親衛隊の一員 としても扱われていたキャミィだったが、実は ベガのDNAを用いて作り出された存在であり、元々の目的は サイコパワーで飽和状態になったベガの代替ボディ としての役割だった。しかし、日を追うごとにキャミィには自我が芽生えはじめ、 ベガにとって邪魔な存在となっていく。そんなキャミィを排除すべく、 ベガ親衛隊のユーリを仕向けるベガだったが、シャドルー秘密基地の崩壊とともに 一旦は姿を消すことになる。直後はバルログに保護されていたものの、 不安定な精神状態のキャミィは、一部の記憶が失われたまま、世界各地を彷徨うことになる。 それからしばらくの間、それを追うシャドルーの手先から逃れるため、 インターポールに保護を願い出るが、結局はシャドルーに捉えられてしまう。 さらに強い洗脳を施されたキャミィは、再びシャドルー戦闘員としての活動を余儀なくされる。 そして、任務であるイギリスのスパイ活動中に、 土砂崩れ災害に巻き込まれたところを英国情報部に保護されるのである。
 情報部の初任務を終えたキャミィは、その後も特殊部隊の任務についている。 デルタレッドとしての活動以外にも、 米軍のガイルの指揮下で任務を遂行したり、 ロボットを使ったテロに抵抗するため、世界平和連合によってつくられた 対ロボット特殊部隊に、ナッシュとともに参加している。 

- Personality -
シャドルーにいた時は冷静で機械的だったが、徐々に自我が芽生えはじめ、 英国情報部に所属する様になってからは、不安定ながらも個性が出てきている。 気分屋で、その時の機嫌がはっきりと表に現れるタイプ。 優しい心を持つ反面、残酷な顔も併せ持つ。 
- Persons Concerned -
ベガ  巨大犯罪組織シャドルー総帥。シャドルーが持つクローン技術などの 最先端の科学技術を駆使して、キャミィを作り出した。 その際に、ベガの遺伝子が用いられており、 キャミィはベガの代替ボディのひとつと想定されていた。
 ウルフマン大佐 英国特殊部隊デルタレッド隊長。記憶喪失の少女として発見されたキャミィを保護し、 管理下に置くと共に、その戦闘力を見込んでデルタレッドへ加入させた。 キャミィはウルフマン大佐に対し、絶大な信頼を持っている。
 マッコイ デルタレッド隊員。かなりの巨漢。
 ギンズ デルタレッド隊員。
 ルワンダ デルタレッド隊員。階級は中尉。
 W・ワトソン 英国特殊工作部総司令。極秘基地に保護された直後のキャミィに襲われるが、 身をていしたウルフマン大佐に助けられた。 キャミィが軍に兵器として利用されるのを憂い、ウルフマン大佐の希望もあって、 大佐にキャミィの処遇を一任する。
 ガイル アメリカ軍人。キャミィは何度かガイルの指揮下で活動したことがある。
 ナッシュ アメリカ軍人。ロボットを用いたテロ対策要員として、 キャミィをサポートするために米軍から派遣され、 ともに「対ロボット特殊部隊」に参加している。
 春麗 インターポールのシャドルー専任捜査官。記憶を失い、 シャドルーから逃げてきたキャミィを保護する。
- Special Blow -
  • スパイラルアロー
  • キャノンドリル
  • キャノンスパイク
  • アクセルスピンナックル
  • キャノンストライク
  • フーリガンコンビネーション
  • レイザーズエッジスライサー
  • フェイタルレッグツイスター
  • クロスシザースプレッシャー
  • キャノンリベンジ
  • スピンドライブスマッシャー
  • リバースシャフトブレイカー
  • キラービーアサルト
- Games -
  • スーパーストリートファイターII
  • スーパーストリートファイターIIX
  • ハイパーストリートファイターII
  • ストリートファイターZERO3
  • ストリートファイターZERO3↑
  • ストリートファイターZERO3↑↑
  • ストリートファイターII MOVIE
  • ストリートファイター リアルバトル オン フィルム
  • X-MEN VS. STREET FIGHTER
  • MAVEL VS. CAPCOM2
  • CAPCOM VS. SNK
  • CAPCOM VS. SNK PRO
  • CAPCOM VS. SNK2
  • SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ
  • SNK VS. CAPCOM カードファイターズ2
  • NAMCO × CAPCOM
  • 対戦ネットギミック カプコン&彩京オールスターズ
  • ガンスパイク