アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

 第22章 見果てぬ夢【ファイアーエムブレム封印の剣攻略】

 

 

勝利条件:玉座制圧
敗北条件:ロイの死亡
出撃数:16人

○進撃準備

いよいよゼフィールとの決戦。マップ自体もなかなか手強いので、準備は怠らずに。

隊が左右に分けられるので、右には主力を、左には敵の盗賊に宝を奪われないように、移動力が高い騎馬系を多めに入れるといいでしょう。

バサーク対策にレストを…と言いたいところですが、左右にレスト持ちユニットを配置できるなら別ですが、杖や杖使いが1人しかない場合は
レスト持ちユニットがいない隊のユニットにかけられた場合に大変なことになるので、強い魔法系にサンダーストームやパージを持たせる方法がおすすめ。
やり方については、攻略の項を参照。とりあえず、遠距離魔法を強い魔法系に持たせて、右の隊に配置してください。
レストがある場合でも、1ターンで瞬殺できるのでおすすめです。

宝があるので、盗賊は必須。左右に1人ずつ配置しましょう。

ゼフィールは硬く、魔防も高い強敵なので、エースに神将器を持たせる等の準備は忘れずに。玉座効果を合わせると、守備は25、魔防は29です。
おすすめはデュランダル持ちルトガーもしくはディーク。魔法系では、ルゥやリリーナにフォルブレイズがおすすめ。

・ノーマル

バサーク持ちのドルイドは、ドルイドに遠距離魔法がギリギリ届くところに魔法系を移動させ、遠距離魔法を撃たせて倒します。
追撃ができれば簡単に倒せるはず。レストで回復させる場合はいつもと同じで(ぇ

右の隊は、CCしたばかりのロイを中心に進軍していきましょう。ロイは上級Lv1なので、どんどん経験値が貰えます。
既に他のユニットが十分育っているなら、削り役を立てて、ロイでとどめを刺すようにするといいでしょう。上級職の敵に気を付ければ大丈夫です。
三すくみの関係上、相性がいいバーサーカーがおすすめですが、必殺率には注意。

左の隊は、宝を目指し進んでいきます。こちらもバーサーカー、勇者に注意すれば問題ないでしょう。
味方ターン16ターン目に左の階段から盗賊の増援が来るので、それまでに押さえておきます。余程遅く進軍しない限り大丈夫だとは思います。

仕掛けを守っている勇者は、勇者の武器持ちなので、まともにやり合うのは少し危険。動かない上に間接攻撃の手段がないことを利用し、
手槍や魔法で倒すのが最も楽で安全。倒したらユニットを置き、仕掛け作動。

10ターン目には上の階段から司祭×2が出ます。それぞれサイレスとスリープ持ちで邪魔臭いので、倒したくなりますが、倒しても5の倍数ターンにまた出現します。
もし倒すなら、出現しなくなる40ターンを過ぎてから。無視が懸命でしょう。

仕掛け作動後、全てのユニットを扉の前に集めておきましょう。ロイが扉の前に立つと扉が開きます。
中にはマムクート、ドルイド、勇者等の強敵がいます。ロイをそのままにしておくと危険なので、壁役で壁を作ってあげるといいでしょう。
マムクートはドラゴンキラーや魔法、最悪、神将器や封印の剣で倒します。ドルイドは魔力が高く脅威なので、一撃で葬った方が安全。
4つある階段からも増援が出るので、早い内に塞いでおきましょう。

これが終わればいよいよゼフィールとの勝負。自軍最強のエースに神将器を持たせ、支援を全て付けた状態で挑むといいでしょう。
エッケザックスは間接攻撃ができるということを頭に入れておきましょう。隣接した状態だと回復役も攻撃範囲に入ってしまうので、回復はリブローで行うか、
ミュルグレやフォルブレイズ等の間接攻撃ができる武器で間接攻撃をすれば、安全に回復ができます。

ゼフィールを倒したら、後は増援がこちら側に来ない内にさっさと制圧。条件を満たせば23章へ進みます。

・ハード

バサーク持ちドルイドは、遠距離魔法で潰すことをおすすめしておきます。
基本的な進軍方法は変わりませんが、上級職の敵はなかなか強くなっているので油断大敵です。バーサーカー、ドルイドの力と魔力、勇者の技速さは脅威。
中でも最も怖い魔力カンストドルイドは、さっさと倒してしまいましょう。マムクートも同じく。

ゼフィールも当然強化されているので、神将器を使って倒すのがやはり無難。回復はこまめに行いましょう。

村、宝データ

宝…右 下から、ソードバスター、竜の盾、ドラゴンキラー 左 下から、リザイア、白の宝玉、スリープ

その他のイベント

・2つの仕掛け作動後、ロイが扉の前に立つと扉が開く。左右の初期配置付近から、勇者×2、スナイパー、ドルイドが出現。
・章クリア後、全ての外伝へ行っており、神将器が壊れていない、且つファが生存で23章へ。
このうち、どれか1つでも満たしていない場合はバッドエンディング。