アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

S攻略の前に準備すべき点【ファイアーエムブレム烈火の剣攻略】



・烈火の剣の評価S攻略の前に、準備すべき点を挙げておきます。(リン編は、特に準備するべき点がなかったため、省略しました。)
・重要事項は太字で書いていますが、更に重要事項は赤字で書いています。参考にしてみてください。
・相変わらず、文字ばかりで見辛いのはご勘弁を。
「こんな長くて見辛い文、読んでられるか!」という人は、太字赤字のところに目を通し、頭に置いておいてください。
ですが、全部読めば、それなりの参考にはなると自負しております。

 

f:id:BNB:20190411001207j:plain

 

f:id:BNB:20190411001218j:plain




↑リン編はこのように簡単に評価Sを取ることができるため、本編のS攻略の前の準備運動として、クリアしてみるのもおすすめ。

 


○評価S攻略とは?…クリア後に見ることができる、「戦績履歴」の評価をSにしてクリアすること。
評価をSにしても、特に特典があるわけではありませんが、アフアの雫を使ったユニットからお祝いのコメントがもらえるのと、
達成感があるといった利点があります。
ユニットのコメント自体は、評価Sと評価Aは同じなのですが、やっぱりSでクリアする方が達成感があります。

評価がSになる条件は、攻略、生存、資産、経験、戦闘の5つの評価の☆の数を、最高の5の状態にすること。

 

○次に、各評価で☆5を取る方法とコツを示します。

・エリウッド編

攻略評価…どのくらい短いターン数でクリアしたか。当然、早ければ早いほど評価は上がります。
仲間にすべきユニットを仲間にしなかったり、外伝へ行かなかったりするとペナルティを受けるようなので、これらは必ず行いましょう。

生存評価…仲間にしたユニットが全員生存しているか。

資産評価…どれほど多くの資産を持っているか。単純に、所持金だけで換算されるのではなく、所持している武器や道具も資産に入ります。
また、所持している武器、道具は、売値ではなく、買値で評価されるため、物を売るのは極力避けましょう。
(例えば、鉄の剣は買うと460Gですが、売ると半額の230Gになります。評価されるのは買値なので、
持っていると、「資産評価460G」と換算されますが、売ってゴールドにしてしまうと、「資産評価230G」と換算されてしまいます。)

経験評価…どのくらいユニットに経験値を与えたか。

戦闘評価…戦闘の勝率の高さ。

・評価を維持するためには?


生存評価、戦闘評価については、前者はユニットが死んだらリセット、後者は普通にプレイしていれば下がることは有り得ないのでスルー。
残りの、攻略、資産、経験のバランスが問題。

早く攻略しようと思うと、経験値があまり取れなくなるし、逆に経験値を稼ごうと思うと、どうしてもターン数がかかってしまいます。
この「攻略評価」と「経験評価」を、いかに要領良く稼げるかが鍵。

攻略評価は、できるだけ行動に無駄を無くし、迅速に進軍することを心掛けて維持しましょう。
相手の進軍を待つのではなく、こちらからどんどん攻めて行くというのも重要。ただ、無謀な行動は慎みましょう。
また、手早くクリアするために、騎馬系や飛行系等、移動力が高いユニットの育成は必須。
最後に、おすすめのユニットを書いているので参考にどうぞ。

経験評価は、経験値を稼ぐためのユニットを毎章2、3人ほど用意して、それらのユニットでとどめを刺し、経験値を稼いで維持します。
弓兵は、飛行系を撃ち落とすことで簡単に経験値が稼げるので、うまく使いましょう。

HPが1しか減っていないのにライブを使ったり、毎ターン再行動させたり、このような細かい経験値稼ぎもS攻略では重要です。

資産評価の面でもそうですが、闘技場を使うのも有効な手段。ただ、ターン数と相談して使いましょう。ご利用は計画的に(ぇ
ハードだと敵が強化されているため、ニニスの守護を使わない限り、おすすめはできません。

資産も地味に気にしなければならない問題で、ドーピングアイテムはおろか、CCアイテムも制限されてしまいます。
ドーピングアイテムは、1つ使うだけで8000G、CCアイテムは1つ使うだけで10000G飛びます。
ドーピングアイテムは、使わなくてもなんとかなりますが、CCアイテムは使わないとクリアできないので、使用するのは5つ、最高でも6つくらいにしておきます。
天の刻印は、通常のCCアイテムの2倍の値段(20000G)なので、強制CCの主人公以外はCCさせないのもいい手だと思います。
あと、50000Gもする覇者の証、闇の契約書は、使うとまず間違いなく評価が下がります。
よって、ダーツ、マシュー、ラガルトはCCできないと考えましょう。

他に評価を上げる方法としては、宝回収、村訪問は全て行い、盗めるものは全て…は無理ですが、極力盗むこと。
特に宝玉、CCアイテム、ドーピングアイテムなどの高価なアイテムは、絶対に盗みます。

ハードならば、資産評価はあまり気にする必要はありません。
なぜなら、ハードでは18章外伝の敵将、アイオンがシルバーカードを持っているから。
資産を稼ぐ上での必須アイテムなので、確実に手に入れましょう。買えば買うほど資産が溜まっていくという、素敵なアイテムです。
その分、ハードでは攻略と経験のバランスが更に厳しくなります。敵の強さ、多さは勿論、出撃ユニットが少なくなっているのも痛いところ。

 

○次に、本編に進む前に、リン編でやっておくべきこと、気を付けるべきことについて紹介。

1、資産評価☆5でクリアしよう…リン編での資産に応じて、本編でリンが再登場したときに宝玉を持ってきてくれるから。
ドーピングアイテム、騎士の勲章を使わないでとっておけば、赤の宝玉は持ってきてくれます。

2、本編で使うユニットを育成しておこう…リン、セインとケントのどちらか、フロリーナ、ラスあたりを育成しておくと、本編の攻略がスムーズになります。
ただ、あまりレベルを上げすぎると、敵を倒したときの経験値が少なくなるので本編での経験評価に響きます。
低レベル、高能力を意識しましょう。

3、リン編での評価は本編には全く関係なし…本当に、全く関係ないので、1章に付き100ターンくらい掛けても、本編には全く影響はありません。
前述の、リンが宝玉を持ってきてくれるかどうかだけです。
よって、リン編をSでクリアしたデータでそのまま本編をSで攻略する意味はありません。
寧ろユニットの育成面や、資産等を考えた場合、本編をSで攻略するためには、
リン編で高い評価を得る必要はないとわかるはず。

 

○最後に、評価S攻略において、役に立つユニットのご紹介。

※ぜひ育てるべきユニット

エリウッド(ヘクトル)→つまり主人公の方です。強制CCなので、当然ですが育てておきましょう。

セイン、ケントのどちらか→移動力の高い騎馬系は、S攻略ではかなり重宝します。どちらかは育てるべきでしょう。
おすすめは技、速さが高く、力が伸びなくても削りとして使えるケント。うまく力が育てばエースとしても活躍可能。
リン編で低レベル、高能力を意識して育成しましょう。

レイヴァン→力、技、速さのバランス、育てやすさ、使い勝手の良さなど、幸運と魔防が低いこと以外は弱点なし。
エースとして育てるべき。

カナス→闇魔法、ルナの凶悪性能があるので。終盤の魔防の高い敵将に対してのボスキラーとして非常に優秀。
杖使いとしても使えます。

・飛行系(フロリーナ、フィオーラ、ヒース、ヘクトル編限定でファリナのうち誰か)→うまく攻略するためには飛行系の育成が必要不可欠です。
みんな強いので、誰を育ててもいいと思います。お好みで。

※育てておくといいと思うユニット

・ルセア→魔道士の中でも魔力、技、速さのバランスが良く、杖使いとしても活躍できるため。
幸運、守備が問題ですが、対魔道士系として使えば問題なし。

・プリシラ→高移動力の杖使いとして優秀。CCさせなくても十分使えるので、杖の無駄振りをして経験値を稼ぎましょう。

・マシュー、ラガルト→宝回収、盗む要員として。盗賊は戦闘するだけでも多めに経験値を貰えるので、経験評価稼ぎにも役立ちます。
育てるのはどちらか1人でいいと思いますが、2人とも出撃すべき機会は多いです。間違ってもCCはしないように。

 

以上です。S攻略での心構えがわかったでしょうか?
良く理解できたなら、本編攻略に進みましょう。