アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

ファイアーエムブレムシリーズの歴史

FEの20年以上の歴史についてまとめてみました。


1990年4月20日

記念すべき第一作目のFE、「ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣」が発売。



メインテーマのオペラVerである、「♪ファーイアーエームブレーム 手強いーシミュレーション♪」の歌詞で印象的なCMや、
「死んだユニットは生き返らない」などの、独特なシステムで話題に。既にこの頃に現在のFEの基本システムは完成されていた。

ただ、FC後期ということもあってか、「一部で人気のマイナーなソフト」という印象か。



1992年3月14日

第二作目のFEとして、「ファイアーエムブレム 外伝」が発売。



RPGの要素が強くなっており、武器の使用回数無限や、レベル上げが可能など、遊びやすくなっているのが特徴。
「外伝」の名の通り、前作と微妙に関係があり、一部の敵将、前作加入キャラも登場する。



1994年1月21日

私をエムブレマーにした原因、「ファイアーエムブレム 紋章の謎」が発売。


初代、「暗黒竜と光の剣」を第一部としてリメイク、新たに「紋章の謎」を第二部として収録した、ボリューム満点のFE。
二部構成のボリュームは勿論、魅力あるユニット、絶妙な難易度など、何度もプレイしたくなる作品。
この作品によってFEファンが増え、知名度も上がったと思われる。



1996年5月14日

独特なシステムを持った、「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」が発売。


親世代と子世代に分かれていたり、マップが広々としていたりと、スケールが大きい作品。スキルが初登場。
恋愛システムによる組み合わせが豊富で、根強いファンも多い。壮大なストーリーやBGMも素晴らしい。



2000年1月21日

「聖戦の系譜」の外伝的な作品として、「ファイアーエムブレム トラキア776」が発売。


 

1999年に書き換えソフトとしてリリースされたが、詳しくないのでSFC版の説明を。

シリーズ最高の難易度を誇り、「捕らえる」、「体格」、「かつぐ」、「疲労」など、新しいシステムも増えた。
難易度の高さから、FEシリーズの中では特に人を選ぶ面もあるが、その難易度に惹かれる人も多い。



2001年11月21日

64で発売された初代スマブラの続編、GCのキラーソフトである「大乱闘スマッシュブラザーズDX」が発売。

 


FEシリーズからマルスとロイが参戦。この作品でFEを知った人も多いのでは?



2002年3月29日

初の携帯機のFEとして、「ファイアーエムブレム 封印の剣」が発売。



 

紋章に似たシステムで、更に聖戦やトラキアのシステムを追加して発展したような感じになっている。
上記のことや、携帯機で出たということもあって、遊びやすい作品。この作品によって更にFEの知名度が上がったと思う。
CMでは、初代のようにオペラVerが放映された。



2003年4月25日

封印の続編、「ファイアーエムブレム 烈火の剣」が発売。

 

封印とシステム面で大差はないものの、色々なところが改善されている。
続編ということで、前作との関係が深く、前作に登場したユニットも多数登場する。
海外では、この「烈火の剣」が初のFEとして発売された。



2004年10月7日

GBA三作目、「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」が発売。



 

「外伝」に似たシステムになっており、フリーマップでレベル上げ可能、魔物再登場、CCの分岐など、共通点が多く見られる。
GBA作品の中で一番難易度が低いので、初心者でも安心。経験者には物足りないか。



2005年4月20日

FE生誕15周年記念として、久しぶりの据え置きハード(GC)で、「ファイアーエムブレム 蒼炎の軌跡」が発売。

 

シリーズ初の3Dマップや、ムービーの挿入など、これまでのFEと異なる点も多いが、本質は同じ。
聖魔の難易度選択も引き続き採用されており、初心者も経験者も楽しめる。



2007年2月22日

 

Wiiで蒼炎の続編、「ファイアーエムブレム 暁の女神」が発売。

 

従来のFEのシステムにほとんど変更点はなく、四部構成でボリュームがある。
難易度選択も健在。お助けユニットが多く、強すぎるので後半はバランスが悪い。
前作登場のユニットに加え、蒼炎での伏線が大体回収されているので、蒼炎をプレイした人はぜひ。



2008年1月31日

Wiiにて、待望のスマブラ最新作、「大乱闘スマッシュブラザーズX」が発売。



 

ボリュームが凄くて書けないので、参戦キャラの紹介だけでも。
FEからはアイクとマルスが参戦。ロイ…。



2008年8月7日

DSにて、初代「暗黒竜と光の剣」のリメイク、「ファイアーエムブレム 新・暗黒竜と光の剣」が発売。

 

初代のシステムをベースに、新システムを付加した感じのリメイク。
GBA三作より更にインターフェンス面が充実しており、より手軽に楽しめる。

ただ、犠牲を出さないと進めない仕様や、外伝に行くためにはユニットを殺さないといけないなど、
従来のFEの常識を覆すようなシステムになっている。



2010年4月20日

FE20周年。



2010年7月15日

DSにて新作、「ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 ~光と影の英雄~ 」が発売。



 

「紋章の謎」の第二部をリメイクしたもので、マイユニットというプレイヤーオリジナルのユニットを作れることが売りの一つ。
参戦ユニットも増え、原作には登場しなかったリストラ組、BSアカネイア戦記のキャラ、新キャラなどが加入するのが嬉しい。

外伝条件の制限も従来に戻り、新キャラも制限なく使うことができる。



2012年4月19日

3DSで暁の女神以来となる、リメイクでない完全新作、「ファイアーエムブレム 覚醒」が発売。

 

シリーズの集大成とも言えるほど豊富なシステムや過去作要素、キャラデザインの一新などが印象深い。
DLCでのマップ配信など、様々な新要素も加えた、まさに「覚醒」と呼ぶべき作品だろう。