アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

ファイアーエムブレム 紋章の謎 レビュー

ストーリー キャラクター グラフィック 音楽
システム やりこみ度 難易度 総評
☆☆☆☆

レビュー

FCの「暗黒竜と光の剣」のストーリーを第一部としてリメイクし、第二部に「紋章の謎」という暗黒竜の後の物語を収録した、ボリュームのあるFE。
FE人気の火付け役となった作品でもあり、全ての要素が高水準にまとまっている。

まず紹介したいのは、キャラクターとやりこみ度について。
暗黒竜に登場したユニットが、SFCのグラフィックによって美形&アニメ調に。
FEの醍醐味である様々なユニットを使って攻略していく楽しみももちろん健在で、あまり強くないユニット中心で進めてもクリアは十分可能であるというバランスもいい感じ。
容量の問題で一部のFC版のユニット、章が削られており、完全なるリメイクとはなっていないのが残念な点。

システム面もFC時代から大幅にパワーアップ。
ユニットの行動範囲の表示が始めになされたのがこの作品で、暗黒竜ではできなかった闘技場での降参など、今遊んでも不自由さをあまり感じさせない作りになっている。

BGMも当然強化。仲間の加入時に流れる「出会いのテーマ」は、GBAの「烈火の剣」や「スマブラDX」にも使われた名曲。
他にも第二部のハーディン戦、第二部の中盤~後半のマップBGMなど、評価が高いBGMが多い。

グラフィックも当然FC時代よりも格段に良くなっているが、戦闘グラフィックは汎用のものがほとんどなので、ユニットによっては違和感を感じるものもある。
この点もまた容量の問題なので、仕方ないところではある。

難易度はなかなか高め。特に第二部は前半から敵に上級職が登場するなど、第一部をクリアした人向けに作られている。
しかし初心者でも何度かやり直せばクリアできるような、丁度いいバランスになっている。経験者は特に違和感なく進められるだろう。

総評は非常に完成度が高く、完璧ではないが暗黒竜も収録しておりFEの原点とも言える作品。やったことがないFEファンには一度はプレイして欲しい。
ROM版はデータが消えやすい方なので、VCでのプレイを推奨。