アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

ファイアーエムブレム 封印の剣 レビュー

ストーリー キャラクター グラフィック 音楽
システム やりこみ度 難易度 総評
☆☆☆

・レビュー

初の携帯機で発売されたFE。「暗黒竜」や「紋章の謎」を意識した要素が多く、初心者、経験者ともにおすすめできる。

FEの面白さは携帯機になっても健在で、携帯機ということもあって遊びやすさを重視した作りになっている。
ユニット数が多いので、色々なユニットを使ってクリアする楽しみはもちろんそのまま。
それに加えクリア後にはトライアルマップというものが登場し、そこでしか使えない敵ユニットを出す楽しみも増えた。
また、同じくクリア後には難易度を高めたハードモードも登場。序盤からかなり歯応えのある難易度で、やりがいがある。
以上のことからやりこみ要素は文句なしの評価。


次にグラフィック。マップ、顔グラともに綺麗だが、戦闘グラフィックは今までのリアル路線だったFEとは異なり、コミカルな感じに。
戦闘グラフィック自体は良く出来ていて、見ていて飽きないが、少し賛否は分かれるかもしれない。

システムは今までのFEの良いところを合わせたような感じ。
紋章のシステムをベースに、聖戦の恋愛システムを発展させた「支援」システム、トラキアの「かつぐ」、「体格」システムなど。

ただゲームバランスの悪さは気になる点。聖戦、トラキアで強クラスだったソードマスターに必殺率+30%のボーナスが付いて更に凶悪化したり、
ほぼスナイパーの上位互換の存在になっている遊牧騎兵など、一部のクラスがかなりの強さになっている点はマイナス。
武器間のバランスはそれなりに良くなっているが、まだ剣優位で斧が冷遇気味な時代。

音楽の出来はまあまあ。GBAはあまり音質が良くないハードだが、十分許容範囲。
後半のマップ曲やEDの曲が印象に残りやすいが、外伝や聖戦で使われたBGMのアレンジなども存在する。

難易度は前作のトラキアが難しすぎたためか下がってはいるが、初心者には少し難しいかも。
FE経験者にとっては丁度いいくらいだと思うが、条件を満たさないとバッドエンディングになってしまうため注意が必要。

携帯機で手軽にプレイでき、紋章のような簡略なシステムで遊びやすいので評価は高い。
個人的にシリーズの中でもかなり好きでやりこんだタイトル。