アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

『ゴジラ1984』のあらすじと感想

<1984年日本映画(東宝)>

 

説明の必要もないであろう、故円谷栄治と故本多猪四郎が生んだ世界の怪獣王「ゴジラ」。その本当の意味での続編が本作である。何故かというと、初代ゴジラ(註1)でゴジラは博士を演じたら右に出る者のない(笑)平田昭彦演じる、天才科学者(けどマッド)、芹沢大助博士の開発した「オキシジェント・デストロイヤー」(註2)によって東京湾にてその生命活動を停止した。勿論、志村喬演じる山根博士が語ったようにゴジラが一匹とは限らないのだが、兎にも角にも物語は一旦ここで完結したのである。

しかし、ご存知の通りその後もゴジラ映画は作られ続けた。が、その内容は回を重ねるごとに「怪獣プロレス」と化していき、当初のゴジラが持っていた「圧倒的な恐怖と破壊」と「英知を結集してそれに立ち向かう人間」という構図からかけ離れたものとなっていった。それが悪い事だというつもりはないが、当初のイメージが強烈だった私には随分と違和感があったものである。ゴジラが「シェー」をやった時のビックリ&がっかり感は私だけが感じたものではなかろう(笑)

で、本作は「ゴジラの逆襲」から「メカゴジラの逆襲」までの作品を、全て「無かったこと」にして製作された作品である。当然、この世界にはゴジラ以外の怪獣は存在せず、日本は各地の名所を怪獣達に破壊される事もなく(笑)平和を謳歌していたのである。そのゴジラが三原山の噴火とともに復活、再び日本に悪夢が迫る。日本政府は自衛隊の総力を上げてゴジラ撃滅を図ると同時に、生物学者林田教授の研究に基づいてゴジラを三原山の噴火口に誘導する作戦を展開する。しかし、米ソ二大国がゴジラ対策に介入し、情勢は更に混迷を深めていく・・・・・・。これが大まかなストーリーである。

当時は東西冷戦華やかなりし時代であり、世界は怪獣の変わりに核戦争の恐怖に怯えていた時代である。評価できるのはこの時代背景がちゃんと作品に活かされ、物語に厚みを与えている事である。映画は映像・ストーリー・音楽・ディティール・考証などをいかに高いレベルで纏めるかが重要だと個人的には思うのだが、本作はこれらを実に高いレベルで纏めていると思う。

蛇足だが、最近の大作ゲーム及び映画は映像とディティールにばかり重きが為されて、その他の部分が御座なりにされている事が非常に多いと思う。アカンわ。ちゃうねん。こういった「バランスの悪い」映画からは全くリアリティが感じられないのだ。勘違いしてもらっては困るが、リアリティ=ディテールではない。確かに映像的な映えや細かさは味付けとしては重要だが、料理に例えればそれはスパイスに過ぎない。リアリティとは迫真性、そして臨場感であり、それは映画という料理全体の構成の巧みさから生まれてくるものだと思うのだ。尤も、昨今の映画の論評などを見てると、殆どこういった点に注目しているものは見受けられない。故に、「お前の感性がずれてるんだ」と言われると反論し難いものがあるのも事実ではあるのだが。これらの論評が「提灯記事」で有ってくれる事を祈るばかりである。

閑話休題。さぁ小難しい事は置いといて(笑)、この映画の見所といえばそう、アレである。

格好いい自衛隊

これだ、これですよ旦那!もう惚れ惚れするほど格好いいのである。ゴジラの首都上陸を阻止すべく東京湾に集結する自衛隊。74式戦車や自走多連装ロケット砲(75式?)が埠頭に布陣し、湾内をSH-60JやP-3Cが隈なく捜索する。見てくれだけじゃない、各自衛隊員達が皆漢気溢れる人達ばかりなのだ。ゴジラが現れた時に真っ先に迎撃したF-1改(しかもCCV仕様!)はASM-1を発射して一航過した後も離脱せず、そのまま反転してバルカン砲でゴジラに肉薄攻撃を行うし、陸上部隊に至ってはゴジラの放射能火炎の直撃を食らう最後の瞬間まで退かず下がらずゴジラを攻撃するのである。防人としての気概が彼らを突き動かしているのであろうか、もう何度見ても最高のシーンである。

そして自衛隊が誇る秘密兵器「スーパーX」である。正式名称「首都防衛移動要塞T-1」ことスーパーXは陸上自衛隊幕僚幹部付実験航空隊という謎の組織(笑)に所属する超兵器で、有事(核戦争下)に於ける行動を念頭に開発された超兵器である。量産の暁には「北海道に大量配備され、北の白熊どもに対する備えとする」というヤバイ裏設定もあるこの超兵器、チタン合金の装甲とプラチナを多用した電子機器を装備する事からゴジラの放射能火炎にも耐える事が可能であり、それ故ゴジラのエネルギー源である核エネルギーを抑制するカドミウム弾をゴジラの口中に撃ち込む任務を与えられたのである。テーマ曲と共に出撃するスーパーXは死ぬほど格好いい。劇場公開時に映画館で初めてこのシーンを見た時(当時小学生)の感動は今でも忘れない。映画館を出たあとは、暫くスーパーXになりきっていたものである(笑)しかも作戦は成功、一時はゴジラを倒す事に成功するのである、後にも先にもゴジラを一騎打ちで倒した兵器はスーパーXのみである。

しかし万事上手くいくかと思われたのも束の間、手違いにより衛星軌道上から発射されたソ連の核ミサイルの影響でゴジラは復活する。この時、スーパーXは核爆発による電磁衝撃波により各部に重大な損傷を被っていた上、切り札であるカドミウム弾も既に撃ち尽くした後であった。しかし、スーパーXの司令官は決然と「構わん!」と言い放ち再び発進、ゴジラに撃墜されるその瞬間まで戦闘を続行するのである。結局、自衛隊はゴジラを撃滅する事は叶わなかったが、その奮闘は後世まで語り継がれるであろう。

つらつらと書き殴ってきたが、本作は怪獣映画の一つの頂点である事は間違いない。同じゴジラシリーズであっても本作とそれ以外では雲泥の差であるし、米国産の巨大トカゲにいたっては話にすらならない。機会があったら是非この作品を見て欲しい。圧倒的な迫力を堪能できる事請け合いである。

蛇足であるが、冒頭の漁船員がゴジラに寄生していた巨大フナムシに襲われるシーンはかなり怖いので注意が必要である。現に小学生時分だった私はトラウマになるほどびびり、暫くは「ポルターガイスト」「バタリアン」「遊星からの物体X」とならんで本作が私的恐怖映画のトップクラスに位置したのである。小さいお子様と一緒に見るときには充分注意して頂きたい(笑)

<了>

 


註1:初代ゴジラの劇場公開は昭和29年の事だが、ちょうどその年にはビキニ環礁で水爆実験が行なわれ、第五福竜丸が被爆している。また、劇中でも市民達の会話の中に「せっかく広島の原爆を生き残ったのに、またこんな目に遭うとは・・・・」といった台詞が出てくる。ゴジラ自体の設定が「放射能の影響で突然変異した生物」であることを考えるに、ゴジラという作品には戦争と核兵器の影が色濃く現れているといえるだろう。
註2:和訳名どおり、「酸素破壊剤」の事である。その効果は凄まじく、数キログラム程度を使用しただけで東京湾一帯の海中酸素は軒並み破壊され、ゴジラを含む全ての生物が溶解してしまうというとんでもない結果をもたらした。そもそも芹沢博士は何を意図してこのような薬品を開発したのであろうか?博士は劇中で「なんて恐ろしいものを開発してしまったのだ・・・」と激しく自責の念に駆られ、この薬品が悪用されるのを恐れていたが、一体この薬品がなんの役に立つのか、かなり疑問である(笑)とはいえ、博士は最後は自ら東京湾に潜り、自らの発明品によってゴジラを撃滅、事がなった後は自らの命を絶った。その尊い自己犠牲の精神は賞賛されるべきであろう。