アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

【あしたのジョー】ハリー・ロバートの経歴について紹介

このページでは腕利きのマネージャのハリー・ロバートについて述べる。

ハリー・ロバートとは

彼は優秀なボクサーになれる男をスカウトし、高値で試合をしてがっぽりもうけるのがうまいマネージャー。単にマネジメントだけでなく、ボクサーを育てることも行っていたと思われる。従って、彼自身もボクサーとしての経験があったと思われる。

彼にスカウトされ、育てられたボクサーは、南米人だったことから、彼自身も南米人だったと思われる。年齢は30代もしくは40代だったと思われる。

ロバートと一緒に来日するカーロスはベネゼエラの貧民街でスカウトし、カーロスを世界チャンピオンにも恐れられるボクサーに育て上げた。

性格はカーロスみたいな陽気さは無く、非常に冷静で、計算高い。

来日へ

ロバートとカーロスは白木葉子の招きで来日した。白木葉子は有り余る金でロバートらを高額で呼んだと思われる。ロバートらを呼んだ意図は矢吹丈と同等に対戦できるボクサーを探していたためと思われる。ロバートは最初、ジョーの強さに期待をしていたが、日本バンタム級チャンピオン等にジョーが3連敗したことで、ジョーをなめてかかるようになる。その典型はジョーとカーロスのスパーリングだが、これはジョーの本物の力を見せ付ける。このため、ロバートはジョーとカーロスの対戦を避けたがるようになる。しかし、カーロスがジョーと真剣勝負をしたがっていたため、結局ロバートもカーロスの言うことにしぶしぶ同意した。後楽園球場の試合はカーロスが勝つだろうと思っていたが、カーロスとジョーが反則技を用いた「けんか」になってしまったため、世界チャンピオン戦のことを心配し、ロバートはあせってしまった。


日本を離れた後

後楽園球場でのジョーの対戦の後、間もないうちに、世界チャンピオン戦に向けてロバートとカーロスは日本を離れた。その1ヶ月後の世界チャンピオン戦でカーロスは1Rで負け、廃人になってしまう。これによってロバートはカーロスを見捨ててしまう(なんと冷たい男か)。その後については良くわからない。