アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

【あしたのジョー】青山の経歴について紹介

このページでは特等少年院で一番からだが小さくひ弱な青山(時々、「青山まさる」と書いてあったものがあったが、漫画では確認できなかったためここでは青山とする)について述べる。

青山とは

青山の生い立ちは不明。多分、中学生くらいで、矢吹丈よりは年は下だった様に思われる。青山は背が低く、体重もそんなに無い。しかし彼は非常にすばしっこかったと思われる。

少年院に入った罪は彼のひ弱さとすばしっこさを考慮に入れると、すりの常習犯で入った可能性がある。実際、「舞台のあしたのジョー」の青山はすりの常習犯で描かれていた(最も「舞台のあしたのジョー」はストーリー自体大きく原作とは異なっていたが)。

ジョーとの出会い

青山はジョーが力石と少年院内の特設リンクで対戦するのを見て、それに感動し、ボクシングに興味を持つようになった。彼のすばしっこさゆえ、ボクシングの試合では大きな相手のパンチをかわし倒す。丹下段平はジョーに防御を覚えさせるため、青山にマンツ-マンで指導した。青山は指導に素直に従い、青山よりも大きな相手に対して互角以上に戦えるようになった。

少年院でのボクシングの試合はついにジョーと対戦することになった。そこでジョーは青山に苦戦し、倒される。西に「基本に忠実にやれ。」と言われ、ジョーは恥も外聞も捨てて、青山の防御の真似をした。攻撃力のあるジョーが防御も覚えたとなると、さすがに青山はたじたじになり、最後は敗れてしまう。

この試合後、丹下段平はジョーに防御を仕込むため、青山を利用したことを告白する。

出所後

青山はジョーより早く出所したがその後の足取りは不明。ホセとの世界タイトルマッチで試合を見に来ていた。