アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

【あしたのジョー】大高会長の経歴について紹介

このページでは矢吹丈を最も憎んでいた大高会長について述べる。

アジア拳を立ち上げる前

現役の頃の大高会長は丹下段平と同じくドサ周りのボクシングを行っていたようだ。年齢は丹下段平と同じくらいか。

アジア拳を立ち上げた後

アジア拳を立ち上げてからウルフ金串が新人王を取るまで、世界チャンピオンを2人出した。これにより巨大なボクシングジムとなる。これによってボクシング界を牛耳るわけだが、何かとレフリーに反発したり、ボクシング協会に殴り込んだりする丹下段平とはそりが合わなかった。このため、ジョーをプロボクサーにしようとした丹下段平はボクシングジムのライセンスをおろしてもらえなかった。

新人王戦が終わった後、ジョーによって、アジア拳の秘蔵ッ子のウルフ金串は倒され、マスコミの影響を恐れ、しぶしぶライセンスを丹下段平に与えた。それにより、丹下段平やジョーに非常な敵意を持ち、ウルフ金串によって、ジョーをボクシング界から葬り去ろうとしたが、逆にウルフがあごを砕かれ、引退した。さらに、力石の死により、何とか葬り去ろうとし、一時は成功する。ジョーはしばらくしてカーロスとの戦いで復帰した。

東洋チャンピオンだった金竜飛がアジア拳に滞在し、これでじょーが本当に葬り去られるだろうと大高会長は思っていたが逆にジョーが東洋チャンピオンになった。この先は大高会長は何もジョーについて言わなくなった。

しかし、ホセ・メンドーサとの世界タイトルマッチでジョーが判定負けをしたのはジョーと丹下段平がボクシング協会に反感をされていたためではないかと思われる。大高会長の最後のジョー及び丹下段平に対する反抗か。