アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

【あしたのジョー】原島龍の経歴について紹介

このページでは矢吹丈と対戦したとき日本バンタム級1位の原島龍について述べる。

原島龍とは

関西の天王寺ジムに所属し、日本バンタム級1位のボクサー。彼にはたくさんの応援団があり、カーロスの試合でも来ていた。


ジョーとの試合

ジムの会長たちがジョーを葬り去ろうと日本バンタム級チャンピオンのタイガー尾崎と対戦し、敗れた後次に日本バンタム級1位の原島龍と対戦することとなった。1R終了後、原島の前には普段はライバルであるタイガー尾崎が何かアドバイスをしていた(これこそ日本ボクシング協会がジョーを葬り去る典型だが)。それはジョーが顔面打ちをしないと言うアドバイスだった。2Rに入ると白木葉子がロバートと観戦に来ていることを見つけ、よそ見をしていた。そこをすかさず原島は打ち込むが、頭に来たジョーは原島の顔面に思いっきり打ち込んだ。それが元で、ジョーは力石の死を思い出し、意識もうろうとなり、3Rになるとまともなパンチが繰り出せなくなってしまう。もう一度顔面に強烈なパンチを原島にすると、今度はさらに意識がもうろうとなり、ついには吐いて倒れ、負けてしまう。

カーロスとの試合

南郷浩二を破ったカーロスは次に、原島と対戦するが、次の対戦相手であるタイガー尾崎がカーロスとの対戦を逃げないように、1Rから3Rはのらりくらりの試合を続けた。4Rものらりくらりの試合をしていたが、終了間際にカーロスのマネージャのロバートから口笛が聞こえ、カーロスは1発原島に強烈なパンチを打った。4Rが終わり、原島はコーナーに戻るが、そのとき原島はカーロスから食らったパンチのため、気を失い、次のラウンドは棄権した。これによってカーロスは勝った。

もしジョーが絶好調な状態で原島と対戦していたなら、タイガー尾崎と同様に1Rも持たなかっただろう。