アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

【あしたのジョー】稲葉粂太郎の経歴について紹介

このページではドサ周りのボクサーの稲葉粂太郎について述べる。

稲葉粂太郎とは

稲葉粂太郎はドサ周りのボクサーになる前、日本ミドル級タイトルマッチに挑戦したことのあるボクサーだった。年齢は矢吹丈と出会ったときは多分30才前後だったと思われる。

ある意味彼はドサ周りの新前で生意気なジョーに理解があった。またジョーもドサ周りのボクサーの中で1目置いていた。

ジョーとの出会い

矢吹丈はタイガー尾崎等に3連敗した後、どうしてもボクシングをやりたくドサ周りのボクサーになる。ドサ周りのボクサーたちは上野駅に集合し、その中に稲葉粂太郎がいた。稲葉はドサ周りのボクサーの中で、経験豊富で非常に強く、ドサ周りのメインイベンター的存在だった。そこへジョーが参加し、稲葉との対戦となる。稲葉との対戦ではドサ周りのプロモーターの河野によって、シナリオが描かれており、いざ対戦になると河野はジョーに2Rでクロスカウンターを打つことを命じたが、ドサ周りのシステムを知らないジョーは拒否する。しかし何とか説得の上、対戦の運びとなるのだが、雷雨のため中止になる。

稲葉はこのとき、ジョーを中央のリングに帰そうと考えたと思われる。それは、ジョーがドサ周りの雰囲気になじんでいなかったのが原因かと思われる。そのことはドサ周りの宿舎で現れている。宿舎に1台あったテレビでドサ周りの先輩がカーロスと南郷浩二戦を見ていたが、つまらなくなり、チャンネルを変えようとした。そのときジョーは「俺は見ているぜ。」と言った。その先輩はジョーから強引にテレビのチャンネルを変えようとしたが、稲葉に制止される。

カーロスと南郷との対戦を見た後、ジョーはカーロスの強さに思いふけっていた。他のドサ周りのボクサーたちやプロモーターの河野はジョーのそのような態度に頭に来ていた。このため、河野はジョーにドサ周りのボクサーを次々に当てる。しかしジョーは彼らを次々に倒し、ついには稲葉と対戦する。稲葉はジョーとの対戦を始めは拒んだが、河野の説得により、対戦する。稲葉はレフリーを無視してジョーを殴った。そこで彼は「さっさと東京へけえっちめえ。居眠り野郎。」と言い、ジョーに一発殴らせ、稲葉は「元気でな。」と言い、ジョーはその場を去り、東京へ戻った。

稲葉の理解が無かったらジョーはドサ周りから抜けられなかったか。ちなみにジョーの世界タイトルマッチ戦では稲葉は観戦に来ていた。