アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

【あしたのジョー】キニスキー博士の経歴について紹介

このページではボクサーの健康管理について研究している医師のキニスキー博士について述べる。

キニスキー博士とは

ボクサーの健康管理について詳しく研究し、その分野の世界的権威で、ハワイ大学医学部の教授?でもある。彼自身、ボクシングをしていた経験があるのではないかと思われる。彼は健康管理にすごく気を使っているホセ・メンドーサの主治医でもある。

キニスキー博士と白木葉子の出会い

白木葉子はハワイ大学の大学病院でホセ・メンドーサの家族と共にキニスキー博士にあった。そこでパンチドランカーのことについて初めて聞かされる。そこで白木葉子は矢吹丈がハワイで車をぶつけたり、ちょっとつまずいてころんだりすることがパンチドランカーに関係することを知らされる。そこでジョーもパンチドランカーに犯されているのではないかと疑うようになる。さらにジョーとの夕食後、彼の歩行した足跡がふらついていることに驚いた。彼をできるだけハワイにいる間にキニスキー博士に診断させようと思っていたが結局できなかった。

このため、ピナン・サラワクの試合のビデオをキニスキー博士に見てもらったところ、ジョーがパンチドランカーで無いと診断する。これによって、葉子はジョーの野生性を戻そうとハリマオを呼び寄せる。

キニスキー博士の来日

ホセ・メンドーサとジョーとの世界タイトルマッチの前に、白木葉子の招きで来日した。早速葉子はキニスキー博士にジョーの状況を話すと、ジョーがパンチドランカーに犯されていることが判り、キニスキー博士は誤診を認めた。さらに確認すべく丹下ジムへ行くと、ジョーがパンチドランカーに犯されていることが確認できた。これによって白木葉子はジョーの世界タイトル挑戦を諦めさせようとする。