アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

ミドリマキバオーのプロフィールと戦績【みどりのマキバオー】

ミドリマキバオー 牡 白毛 93/04/04 [美浦] 飯富昌虎

血統
父 タマーキン(トニービン)
母 ミドリコ 母父 マルゼニスキー(マルゼンスキー)

馬主 飯富源次郎
生産者 みどり牧場
戦績 18戦7勝(中央:12戦7勝 地方:3戦0勝 海外:3戦0勝)
主な勝ち鞍 東京優駿 有馬記念

 

日付 

開催 

R 

レース名 

頭数 

枠番 

馬番

単勝 

人気 

着順 

騎手 

斤量 

距離 

馬場 

タイム 

着差 

通過 

上がり 

馬体重 

勝ち馬 

1999/12/26 

中山 

 

ジャパンCS(G1) 

16 

6 

12 

 

10 

3 

山本管助 

 

芝2500 

 

          ブリッツ 
1999/10/11 

盛岡 

10 

マイルCS南部杯(G1) 

 

 

 

 

 

6 

山本管助 

56 

ダ1600 

 

           
1999/06/24 

大井 

9 

帝王賞(G1) 

 

 

 

 

 

11 

山本管助 

57 

ダ2000 

良 

2.06.5           
1999/03/17 

船橋 

10 

ダイオライト記念(G2) 

 

 

 

 

 

8 

山本管助 

55 

ダ2400 

良 

2.35.9           
1997/ 

UAE 

 

ドバイWC予選グループ第5R 

16 

 

 

 

 

2 

山本管助 

 

芝2400 

 

          エルサレム 
1997/ 

UAE 

 

ドバイWC予選グループ第3R 

16 

 

 

 

 

中止 

山本管助 

 

芝600 

 

          コメート 
1997/ 

UAE 

 

ドバイWC予選グループ第1R 

16 

 

 

 

 

5 

山本管助 

 

森2500 

 

          ニトロニクス 
1996/12/22 

中山 

9 

有馬記念(G1) 

15 

5 

9 

8.2 

5 

1 

山本管助 

55 

芝2500 

 

          (アマゴワクチン) 
1996/11/03 

京都 

10  菊花賞(G1) 

18 

3 

6 

 

2 

4 

山本管助 

57 

芝3000 

 

          アマゴワクチン 
1996/09/14 

中山 

5 

障害未勝利 

 

 

 

1.1 

1 

1 

山本管助 

57 

障2700

 

3.01.4        140(+20)  (メジロバッ(以下不明)) 
1996/06/02 

東京 

9 

東京優駿(G1) 

18 

6 

12 

2.3 

2 

1(同着) 

山本管助 

57 

芝2400 

 

  0.0  1-1-1-1    120  カスケード 
1996/05/04 

東京 

11 

青葉賞(G3) 

17 

2 

4 

1.2 

1 

2 

山本管助 

56 

芝2400 

 

    17-17-17-17  32.?    ベアナックル 
1996/04/14 

中山 

10 

皐月賞(G1) 

18 

8 

18 

 

1 

2 

山本管助 

57 

芝2000 

 

  0.0        カスケード 
1996/03/24 

中山 

11 

スプリングS(G2) 

12 

3 

3 

 

1 

1 

山本管助 

56 

芝1800 

 

1.49.3    2-2-2-2    (+20)  ダイインフロント 
1995/12/10 

中山 

11 

朝日杯3歳S(G1) 

12 

5 

6 

1.5 

1 

3 

山本管助 

54 

芝1600 

 

          カスケード 
1995/11/11 

東京 

11 

京成杯3歳S(G2) 

16 

8 

15 

 

1 

1 

山本管助 

54 

芝1400 

良 

          (ニトロニクス)
1995/09/24 

函館 

11 

函館3歳S(G3) 

12 

1 

1 

12.2 

4 

1 

山本管助 

53 

芝1200 

不 

          ニトロニクス 
1995/06/ 

札幌 

4 

3歳新馬 

10 

7 

7 

4.5 

2 

1 

山本管助 

53 

芝1000 

 

    1-10    100(0)  (ゴーゴーゴーゴー) 

 

 

 


初登場はもちろん1話からで、父は凱旋門賞馬タマーキン、母は桜花賞馬ミドリコという良血馬として産まれる(1巻)

白い馬体でまるで犬のような姿をしているが、その姿と裏腹に類い稀なスピードを発揮し、チュウ兵衛、管助、飯富昌虎、

そして様々なライバルらとの出会いで成長し、最強のライバルカスケードと幾度となく死闘を繰り広げることとなる。

 

チュウ兵衛との別離など様々な苦難を乗り越え、有馬記念でついに宿敵カスケードを超え日本一の馬になり、世界の舞台でもドバイWC予選グループB第5Rで、世界最強馬エルサレムに迫るが、レース中重度の骨折を負ってしまい安楽死寸前になってしまう。

 

それでも走ることを諦めず、2年の時をへて復活、ジャパンチャンピオンシップで見せた走りは脚にボルトを入れていながら全盛期を思わせるものだった。

その後は海外転戦を続けている。

 

モンゴル修行で手に入れた(正確に言うと思い出した)特殊な走法「マスタングスペシャル」は少年漫画における必殺技のようなものであり、まるでチーターのような走り方で他馬を寄せ付けないが、短距離動物の走りであるためスタミナの消耗が激しい欠点を併せ持つ。

後にその弱点を補うために管助がマキバオーの負担を受け持つ「きつつき戦法」を考え出した。