アニメ&ゲームの雑学・豆知識

アニメやゲーム、マンガ、特撮、おもちゃについての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

森恒二『ホーリーランド』の感想、登場人物、あらすじなど

『ホーリーランド』とは

主人公・神代ユウが夜の街を通して強くなり、居場所(ホーリーランド)を見付けるお話。

格闘オタクないしは格闘マンガオタクの心をがっちり掴んで放さない特殊な波長を発している蘊蓄系格闘マンガ。

感想

【物語の構造】

舞台は夜の街。登場人物は街の不良少年。主人公の対戦相手も不良。

そのなかで主人公は一般にいうような不良少年(ヤンキー)ではない。イジメに遭った過去を持ち、中学時代は登校拒否、果ては自殺寸前までいったような、ヤンキーとは対極に位置する存在だ。

主人公は夜の街に居場所などないし、誰からも賞賛されていない。

物語のゴールは当然この逆となる。夜の街に認められ、仲間と居場所を手に入れる、と。

それが目的だとすれば、目的達成のための手段は喧嘩の強さとなる。


このマンガが他の格闘マンガと一線を画しているのは、勝利=カタルシスではない点だ。主人公は勝利しても、暴力行為を働いてしまったことへの背徳感に苛まされる。対戦相手を退けても、仕返しがあったり、高まった知名度のために新たなヤンキーに目をつけられたりといいことがない。この点は、エンターテイメントを意識して描かれている今作に深みを与えている。

【論理の確かさ】

本作はナレーションが多々入り込み、格闘技に対する考察や蘊蓄が、エクスクラメーションを多用した熱の入った調子で語られる。この熱の入りようのため、たとえ推量で物事を語るときですら、そこには躊躇いをふりにしかみせない断定的な態度が見え隠れする。ナレーションは「私見であるが」と断りながらも「~なのではないだろうか!!!」と力強く語るのだ。と、すると、「エラソーなこといいくさって」といった反発精神を抱く読者も出てくるだろう。

このマンガの作者はきっと格闘オタクで、実戦では通用しないような理屈を並べ立てて、さも「強いって何か知ってますよ」って面をして漫画を書いているに違いない!――と思いこんだ人もいるかもしれない。ところが、作者の森恒二先生は、高校時代にはしばしば不良と喧嘩していたそうで、しかもプロの格闘家を教える現役のコーチでもある。

よって、この漫画に書かれている理屈は、それなりの確からしさを持っている。

先生はインタビューでこのように述べている。

 

格闘技って、やる人によって、「事実」が異なるんですよ。それが分かっていないと、お互いに「あいつ、何を馬鹿なこと言ってやがるんだ」ってことになっちゃう。

たとえばユウが最初の頃に多用する「引っ張りパンチ」ですが、昔の僕は、あれがすごく信頼できる技だと思っていたんですよ。実際に、自分が使っていた技だったもので、実績があった(笑)。だから「あんなパンチ当たらない」とかいう批判について、「何を言っているんだ、おまえらこそ、全然分かってないよ」くらいのことを思っていたんです。

ところが、『ホーリーランド』がドラマ化された時、主演の石垣佑磨君に「引っ張りパンチ」を教えようとしたら上手くいかないんですよ。何でかっていうと、石垣君は僕より身長が10cmくらい低いので、引っ張りパンチをしようとすると相手の肩口がじゃまになっちゃうんですね。たしかにこれだと「当たらない」。

体格や筋力、やってきた格闘技の種類で「事実」が変わってきちゃうのが、物議を醸す理由になっているのかもしれませんね。

【ナレーションについて】


とはいっても、ナレーションにクサ味があることは事実。

ただしこれは誉め言葉としていっているのだ。慣れれば美味しいくさやの干物。


ナレーションが多用されること自体は漫画的に問題はない。

ナレーションという全知全能の神(=作者)の解説が入った方が物語は円滑に進むし、このような神を用意しないで登場人物に説明させると、それはそれでクサイ(それで格闘漫画の解説役なるポジションができてしまったりするわけだ)。

しかしナレーションは本来的にノイズのない語りを要求され、作者の自我など介入させないものだ。介入させた途端に、「これは物語ですよ、作り話ですよ、虚構に過ぎないんですよ」というサインを発しているも同じになるからだ。

それでも作者の自我が躊躇いなく入り込んでくるナレーションが多用されるマンガといえば、本作と『頭文字D』だ。

『頭文字D』は、その自我を非難したら負けのようなところがある。そんな無思慮なナレーションしちゃ駄目だろ、作者は顔を引っ込めろよ、と思いつつも、指摘するとまわりから白い目で見られそうな雰囲気だ。気にせず読むことにしよう、とこっちで配慮してしまう。――要するに、成功例とは言い難い。

しかし『ホーリーランド』の方は成功している側面もある。その熱に当てられて興奮してくるということもそうだが、こちらが距離を置いて読もうとしているところを作者の腕がこちらの肩を掴んで、ぐいぐいと揺さぶってくる感じだ。本来は読者を突き放してしまいかねない自我の入ったナレーションが逆に読者を惹きつける。


神代とレスラーである土屋がはじめて出会い、格闘するシーンを例にとってみよう。

神代は「不良狩りボクサー」として知れ渡っていて、拳で応戦する。そこで土屋はガードを上げる。

ナレーション『TVやマンガでよく見られるこのボクシングのガードのような状態――』
私「お、ナレーション来た来た」
ナ『果たして路上では有効なのか!?』
私「有効じゃないですよね、グローブありきですよね、そういうガードは」
ナ『否!!!』
私「力強く否定したなぁ……(笑)」
ナ『(省略。内容は蘊蓄)』


この調子でナレーションは解説してくれる。ここまでは通常のナレーションの使われ方であり、教科書的というより他ない。

しかしこの後、神代ユウの蹴りが、タックルを仕掛けようとした土屋を捉え、彼をダウンさせるところで、違いが出てくる。

いや、使われ方は別段目新しくないが、呼吸が異なるというか、テンションが一人歩きしているのだ。

私「主人公は蹴りも習得したか。これで戦略の幅が増えたな」
ナ『よくケリでKOした時
TVの解説が“あれは見えない角度で入りましたね”と言うが実際はどうなのか』
ナ『俗に言う見えない蹴りとは?』
私「へ……?
ああ……、もしかして主人公の今の蹴りはちょっと特殊だったのか?」
ナ『(省略。内容は蘊蓄)』


なんというか、尋ねてもいないことを聞かされたような感覚がある。

申し訳なさそうに語ったりとか、手身近に済ませようという気が微塵もなく、「はい、ここ重要!!!」とばかり畳みかけてくる。

必要だからするというよりは、挙手をし注目を引き一散に語りかけてくる、こういった思い切りの良さが、逆に強引に(かなりの荒技として、かなり裏目に出そうなぎりぎりのところで)プラスに働いている。

あらすじ

物語の全体的な流れを、主人公が張ってきたタイマンを通じて語ってみる。

vs岩戸(柔道)

神代がはじめて闘う強敵(というか格闘技能者)が岩戸。使うのは柔道。

柔道で鍛えられた骨太の肉体と、アスファルトへの投げという技の強力さを考えると、素人の神代が勝てる相手ではない。神代はワン・ツーしか使えないのだから。

よって勝因は運に依るところが大きい。スイッチしながらの左が偶発的にカウンターとなって命中しての勝利だ。これにより神代は拳を痛めてしまう。

素人が玄人を失神させて勝つという格闘マンガでありがちな分かりやすい展開であったが、拳を負傷した神代ユウは大勢のヤンキーに取り囲まれていた。伊沢がいなければ袋叩きに遭っていただろう。せっかくの玄人撃退という功績が実質的な結果(窮地の脱出)に繋がっていない空しさを伴う。

vs緑川ショウゴ(空手)

神代ユウが複数回闘う相手は彼と伊沢マサキのみ。(一方的に襲いかかる「狩り」は省く)

神代ユウはフットワークを学び、いろいろと考えて闘うようになっている。が、それでも緑川は道場でも路上でもならした実践派の空手家。この勝負もまぐれでなければ主人公に勝ち目はない。実際、最後は運良く緑川の腕を折ることで勝っている。

しかしそれ以外にも緑川の方にコンプレックスや余計な意地といった否定的要素があった。(これがなければ緑川が負けるはずがなかったが、そうであればそもそも二人が闘うような状況にもならなかった)

この勝負の結末は、警察の介入だ。大勢のヤンキーが補導され、神代ユウもあわやというところだった。またユウは、警察に怯えるヤンキーの姿を見て、彼らも自分と同じで弱くて小さいと気付く。

vs加藤(喧嘩殺法)

親友のシンを病院送りにされたことで、神代ユウはぶちキレる。意識的にヤンキー狩りに染まっていく。そうして雑魚を食いつぶし、実戦を重ねた結果、神代ユウはパワー、スピード、スタミナ、思い切りのよさなどを確実に上昇させた。更には動きに差し障りのない程度で防具を装備している。一方、相手は格闘技能者ではないときている。神代ユウはやっと、勝敗が物語のご都合主義ではなくユウの実力に依って決定されると見なせるところまで成長したといえる(もちろん、建前上の話だが)。

神代ユウは加藤に勝つが、それでシンの仇を討ったとして満足することはない。むしろ好戦的に(狂気的に)、誰も狩ったり狩られたりの現状から下りられないし、下ろさないとの意を明らかにする。

vs伊沢(ボクシング、空手)

自分だけが不幸な人間と思いこみ暴走する神代ユウを止めるため、路上のカリスマと呼ばれる伊沢が闘う。

伊沢がほぼ圧倒する形で勝負は決する。それによって神代ユウの気が晴れたということはなかったが、伊沢の腕にリストカットの痕跡を見付け、動揺する。ここでやっと自分の境遇ばかりを狭い視野で思い詰めていた暴走状態から解放されるのだが、極めつけというか、もっとも効果的だったのは退院したシンの以前と変わらない接し方だ。

vsタカ(剣道)

神代ユウはスランプを脱出したばかりか、以前よりよい体格、技のキレへの理解、後ろ回し蹴りをひっさげて、いよいよ主人公的な無敵の風格を帯び、タカの前に立つ。

夜の街の様々な因縁が解消されていくパートでもあるため、それなりにカタルシスのある結末を迎える。

剣道家に素手(プロテクターやバンテージは装備している)でどう闘うかが見所になるが、それよりも一度スランプに陥った主人公が小気味よいほどに強くなって復活するまでの流れが魅力的だ。

vs緑川ショウゴ(空手)

二度目の対戦。神代ユウにやる気はなかったが、ショウゴの方では闘わずにいられなかった。神代ユウの強さ、成長性、才能への嫉妬心のような疚しい感情を持ったまま友達ではいられない、と彼は考えていた。しかしこの考え方はどうだろう。結局彼は敗北し、神代ユウとの友情を保てなくなるわけで、相手の強さ、自分の弱さを受けいられなかったのだから、ひどいエゴだ。今回の闘うことの空しさはまさにこれで、喧嘩なんて友情を失うだけ、という悲劇をもたらす。(だからこそ、物語的にはあとで仲直りをする展開が導けるので有用なのだが)

格闘の内容としては、ユウの反射神経と身体能力がショウゴの攻撃力に勝ったという展開だ。ショウゴが正面から攻め込もうとしなければ勝負は分からなかっただろう、と作者も作中で言及している(苦笑)。

vs長田(空手)

漫画的に、たまにはこういう小物が出てこなければつまらない。こういう小悪党をのしてこそ格闘マンガのカタルシスがある。

理詰めの格闘マンガであれば主人公が学習と訓練を繰り返しリベンジマッチを申し込む展開は必然的に用意されるもの。闘う前の心構え、地の利の確認、格闘の計画を万全にしてのリマッチは予想通りのカタルシスがあった。左一本でダウンを奪うという、結果的に相手を小物扱いしているところもミソだ。

小柄だったショウゴに対して、大柄な空手家であればどういう試合運びになるかということをこのパートは詳細に教えてくれる。

vs山崎(ボクシング)

ボクシング部の部長との勝負。路上での格闘とスポーツの違いを教えてくれて蘊蓄大好きな読者の気分は最高潮といったところ。

しかし山崎が登場した価値は勝負後にこそ出てくる(が、そのことはvsヨシトのところで述べる)。

山崎が意識を失った後にも攻撃を加えそうになったユウは、暴力が身体に染みついていることに苦悩する。一人でいた方がいいんだ、といじける。喧嘩を売られては「どちらかが思い知るまでやるしかないんだ」と偏った考え方をするし、自分から喧嘩をふっかけようとしてしまう。暴力への罪悪感すら加害者側への敵意の肥やしとしてしまっているところがある。そうして短気になったユウはヨシトに敗北し、一人で思い詰めたことにいろいろと気付く。

以上のことから、ここでも勝利は晴れやかなものではなく、次の勝負での敗北を導くほどに大きな影響を与えている。

vsヨシト(キックボクシング)

キックボクシングとやってしまったら、これ以上説得力のある対戦相手は総合格闘技しか残らなくなる(事実、この後に総合格闘技が登場する)。主人公が打撃系である以上、盛り上がりとしてはこれ以上の格闘技はないはず。そういう意味でも物語の終焉を想像させた。

精神的に不安定だったユウはあっさりと敗北し、リマッチのために山崎にストレートを教わる。ユウは、その性格上、自分から他者に接していかないのだが、ここではその性質に逆らって山崎にコーチをしつこく頼みに行く。ユウに敗北して精神的に参っていた山崎は頑なに拒み続けるも、ついにはコーチを引き受ける。ユウが、成り行きなどではなく自らの働きで人間関係を修復する珍しい光景が描かれることとなる。

ヨシトとの試合では、格闘マンガでよく見受けられる相打ち作戦だ。そういう意味では平凡な展開に聞こえるが、そこは理屈が得意のマンガだけあって、相打ちがなかなか成功しない。相打ち狙いは一発で見抜かれ、距離感を調整した絶妙な攻撃で相打ちを成功させない。

最後まで実力は確実にヨシトが上だと読者に分からせながらもユウを勝利に導いた作者がすごい。

vsキング(拳法)

作中では拳法の詳細な流派は登場しないが、作者がインタビューで少林寺拳法を意識していると述べている。

キックボクシングの次は総合格闘技だ、やっぱりそうか、と思っていたが、ユウが本格的に闘う相手は拳法使いだった。今作はリアル志向なので他のマンガのように拳法が強い世界だとはとても思えなかった(バキシリーズの烈海王や『エアマスター』のジョンス・リーが思い浮かんだ)。だからこそ逆に興奮した。どんなふうに強く描いてみせるのか、期待がふくらんだ。そして期待は裏切られなかった。

ユウの攻撃をサバく。強力な突き。柔法(手首を取る関節技)。とどめは「引っ張りパンチ」、なるほどこれなら両手を使う柔法の反撃は考えられない。キックボクシング、総合格闘技ときておいて拳法をこれだけ美味しく読ませてくれる理屈派のマンガなんて他にないだろう。

vs伊沢(ボクシング、空手)

二度目の対戦。

以前は蹴りが一発、かろうじて入っただけだったが、今回は互角の勝負となる。

登場人物

神代ユウ

いじめられっ子が強くなって虐めていた側を見返す、というとよくありそうな話だ。ボクシング漫画の『はじめの一歩』の主人公・幕ノ内一歩も虐められっぱなしの自分に嫌気が差し、ボクシングを始める。しかし今作の主人公であるユウはただ強くなるだけではない。強くなり、喧嘩に勝つことで逆に苦しんだり、加害者になることへの抵抗を感じたり、過去の自分の弱さを振り切れずに煩悶とするのだ。

虐められていた過去を持つ自分の弱さへの怒り、加害者への怒りがときにユウを獣のように好戦的で狂気的な性格にしてしまう。一人で悩み込んでしまう性格の持ち主や、一つのことに病的に執着する気質の持ち主は、往々にして長期的な計画が立てられなかったり大局的な考え方ができなかったりといった短気さを持っている。ユウは暴力を肯定することも否定することもできず苦しむが、ときに焦り、「加害者になることで被害者にならないようにする」といった安易な回答に落ち着こうとする。しかしそのような回答は単なる逃げであり、しっぺ返しは必ずやってくる。

金田シンイチ

主人公ユウは、根は優しいのだが、根暗で、思いこむと暴走してしまう癖を持っている。放っておくと社会的に危ない。そんなユウを正しい方へ導いてくれるのがシンだ。

加藤に狙い打ちにされたときに死する構想があった、と作者は恐ろしいことを語っているが、シンなくして『ホーリーランド』はありえない。

彼がいなければどうなったことか。彼がいなくなると同時にユウは暴走モードに突入。伊沢のリストカットの痕跡を見てショックを受けるも、立ち直る前にまた暴走し始め、話は暗い闇の中を彷徨い、最後に何か精神的な救いを見出しながらも主人公が命を落とす鬱エンドが想像される。

こういったキャラクターを繋ぐキャラクターのような名脇役がいてこそ物語は上手く機能するのだなァ、と感心するばかり。

緑川ショウゴ

ユウに負けず劣らず一途。それゆえに彼と同じく浅い答えに飛びついてしまう習性をもっている。ユウに二度の敗北を喫し、それを認めたくないために腐り、ユウの敵へ回るという口実でささくれているうちにドラッグで堕落してしまう。父親を失ったことで「強くならなければならない」という意識だけが先行し、「大切なモノを守るため」という目的を見失ってしまっていたことが残念だ。

強くなるための目的を取り戻し、焦燥を振り切ったショウゴの空手は圧倒的だった。ドラッグに溺れてしまった自分の弱さ、ユウに素直になれず裏切ってしまった弱さを完全に振り切り、「キングへの警告」として野田竜一に下段の突きを浴びせ、昏倒させた。コンクリートの地面にたたきつけるような相手を殺してしまいかねない全力の一撃は、他の何よりも彼を象徴している。中途半端ではいられない性格。ドラッグの売買に荷担していた自分の罪へのけじめ。この場面の彼の判断だけは安直といえない決意が込められている。

結びについて

神代ユウは、なんだかんだで同じようなところをぐるぐるまわっている。暴力はいけない、しかし暴力には暴力で答えるしかない、と自問自答を繰り返し、タイマンに勝利しては報復に負われ、敗北を喫しては再挑戦し、暴走して我を忘れては目が覚めて本来の自分というものを考える。友や居場所、仲間や信頼を得たことに喜び、次にはそれを忘れ迷走し、また思い出して涙を流す……。

しかし、同じところをまわりながらも、出口のない円を描くのではなく、上昇する螺旋の軌跡を描いている。その螺旋はシンによって導かれていたとも見なせる。仲間と拳を交えたとき、初回(ショウゴのとき)は後腐れが生じたが、最後(伊沢との再戦)は互いを認め合いながら闘いを終わることができた。そして街を卒業する雰囲気が訪れる。

そのように成長を見せておいて、彼が街に残るラストは意外だった。よい意味で意外だったのか、悪い意味でそうなのか、自分でも分からない曖昧な感覚だ。

作者がもう一人の主人公だといいはる伊沢マサキは、宣言通り街を卒業し、プロのリング(表の世界)に出てきている。これはユウが辿ってもよかった流れであり、このときマサキの向かいのコーナーにユウが登場するというパターンはもっともありがちな終わり方となっただろう。しかしそうはならなかった。

ユウが死なない限りでの最悪のパターンならば、ユウが少年院送りになる場合がそうだろう。しかしこれはショウゴが全うしている役目だ。

ユウは表の世界に出て行かなかった。裏の世界にまだやるべきことを見出してしまった。それは伊沢マサキではなく神代ユウだからこそ抱いた心残りだ。マサキの物語は失ったものを取り戻すこと、ユウの物語は変わることと見なすことができ、そこに差がある。

最終回で、ユウはかつてマサキにいわれたものと(若干異なるが)同じ言葉を他者に発している。「街にいる資格はない」「またいつか街で会おう」がそれだ。このことから、自分を変えるきっかけとなったマサキの役割をユウも果たそうとしている、ということは伺える。

しかし、そうだとして、彼がなぜ親友のシンやかつての仲間と交友を遮断しているのか分からない。いくら変わったといっても、シンが傍にいないユウはきっと一本ネジのはずれた考え方をしてしまうだろう。ユウは何を考えているのだろうか。

正直、この結びには戸惑ってしまい、なんともいえないが、よい面を上げるなら、物語が開かれて終わっているということがある。ショウゴがいよいよ表の世界に復帰する。ユウとの約束を果たそうと行動する。約束なれば、ユウはいつまでも街にいられない。プロのリングでショウゴと拳を交えようとするだろう。そのときこそ物語の真のエンドとなるわけで、そこに至るまでの描かれていない物語を自然と想像させる造りになっている。